料理教室のレッスンが満席になる売れるコンテンツの作り方〜その3〜

いつもブログをご覧頂き
ありがとうございます。

全日本出張シェフサービス協会
代表理事の内田です。

先日の記事で
魅力的なコンテンツを作るには
4つの要素を意識して構築しようとお伝えしました。

一つ目として
「メリット」について
以下記事で詳しくお伝えしました。

料理教室のレッスンが満席になる売れるコンテンツの作り方〜その1〜

二つ目として
「立場」について
以下記事で詳しくお伝えしました。

料理教室のレッスンが満席になる売れるコンテンツの作り方〜その2〜

必ずまずは「メリット」「立場」をご確認の上で
今回の記事をご覧頂ければと思います。

今回の記事では4つの要素の3つ目として
「新鮮さ」という部分にフォーカスしてお伝えしていきます。

他の教室との差別化は必須!でも差別化だけでは駄目な理由

比較

他の記事でもお伝えしているように
料理教室のコンテンツには
独自性がなければ選ばれません。

他の教室とほぼ同じコンテンツでは
あなたの教室を選ぶ理由が無くなるからです。

あなたの教室を選ばせるには
他の教室とは違うコンテンツでなければいけません。

生徒が教室を選ぶときに

「この教室は他とは違う!」

「ここなら目指している自分になれるかも!」

というような他にはない独自のコンテンツとして
「新鮮さ」がないと選ばれないということです。

新鮮さを取り入れて
他の教室と差別化を狙う。

確かに満席の教室を作るためには
必須ともいえる条件の一つです。

生徒は他の教室では得られない
新鮮な情報・技術・知識を求めています。

知っていることを学ぼうとは考えませんし
出来る事を習おうとは思いません。

生徒にとって必要ないコンテンツでは
興味を惹くこともできません。

ですから「新鮮さ」は必要なんです。

しかし注意して下さい。

この「新鮮さ」だけを追求して
コンテンツを作り出すととても危険なんです。

他にはないものを追求していくと
「ニッチ」ともいいますが
かなり極端な対象になってしまうからです。

ニッチなコンテンツになると
ごく一部の人に響く可能性はありますが

多くの方にはどうでも良いコンテンツに
なる場合もあるのです。

例えばハンバーグのレッスン。

「無添加食材を使った
安心・安全なハンバーグレシピ」

これだとそれほど新鮮さはありません。

そこで差別化するために

「○○産の牛挽肉100%」

「付け合わせの野菜は○○産の直送」

「調味料は○○と△△でこだわりを」

などといった具合に差別化してみます。

対象者は無添加食材に興味があり
調味料にもこだわりがある方で
食に安心・安全を求めている方が対象になります。

一見すると他の教室と違うので
差別化出来ていますし他に見ないので
新鮮さもあります。

しかしこのレッスンを求める対象者が
かなり絞られてきてしまうので

集客に結びつくか?そして
売上に繋がるかは微妙なところです。

ではどう差別化し
新鮮さを出せば良いのでしょうか?

新しいメリットで差別化し新鮮さを与える

喜ぶ女性

ずばり正しい差別化で新鮮さを出すには
他にはない「メリット」を作る事です。

最近の料理教室は

・オーガニック食材
・無添加野菜
・天然酵母
・産地直送
・食物繊維
・ビタミン

などといった食材の成分
つまりスペックを売りにしている教室が
本当に多く存在します。

すでにありふれているコンテンツなので
新鮮さがないんです。

そもそも生徒のメリットとして
アピールする部分も違うと以下の記事でお伝えしています。

料理教室のレッスンが満席になる売れるコンテンツの作り方〜その1〜

コンテンツを作る4つの要素で
2つも間違っている時点で
そのコンテンツが売れるわけないんです。

だから失敗している教室がほとんどなんです。

例えば私の料理教室のコンテンツで
成功した例を一つ出して考えてみましょう。

同じ料理教室でも
私は女性の一人暮らしの方を
ターゲットにしました。

ここで差別化するために
新鮮さを作ったメリットは以下のようなものです。

・1人前のレシピ
・簡単なのに健康で美容に良い食事
・調理器具をなるべく使わない調理法
・特別な調味料を使わずに作れる本格レシピ
・見栄えの良い盛り付け方の工夫

レシピ本の9割は
2人前〜4人前です。

そして食材も
1人前として売られているものが
多くありません。

そのせいか一人暮らしの方で
自炊している方が少なくなっています。

それでも健康や美容に
気を使いたい女性の為に

一人暮らしの不便さを解決する
メリットを作りました。

「ワンルームでキッチンが狭く
シンクも小さいので洗い物を増やしたくない・・・」

「それならフライパン一つで作りましょう!」

「冷蔵庫が小さいし
一人では食べきれないので
食材は種類多く買うことが出来ない・・・」

「それなら少ない食材を活かして
バリエーション豊かなメニューを教えます!
調味料もよく使うものだけでOKです!」

「自分一人の為に食事を作るのが面倒・・・」

「しっかりと栄養のある食生活の為に
健康に美容に良い食事を写真を取りたくなる
素敵な盛り付け方も教えます!」

このように生徒の為のメリットを用意します。

他でやっている教室がないので
差別化出来ていてメリットもあります。

このコンセプトの教室は
ものすごく人気になりました。

他にないからといって買うわけではない

買い物

差別化のために
いくら他の教室にない新鮮さのある
コンテンツを用意したとしても

だからといって生徒が
あなたの教室を選ぶわけではありません。

身近なところで考えてみましょう。

数ある洋服のブランドから
あなたがその洋服を選ぶ理由は何でしょうか?

値段やデザイン
好きなブランドだからという
答えがあるかと思います。

同じ洋服でも
それだから買ったはずです。

それぞれのブランドで
同じアウターでもデザインも異なれば
金額も違います。

つまりブランド別で差別化しているんです。

それでもその洋服を選んだ理由は
その洋服は欲しいから買ったんです。

料理教室も同じです。

生徒はあなたの教室に
通いたいから申し込むんです。

洋服などと違う部分は
試せないということです。

洋服であれば試着して買う前に
他のブランド比べることが出来ます。

料理教室はそうはいきません。

時間もお金も余裕があるなら
気になった教室全てに通って
一番良かった教室を選ぶと思います。

実際はこんなことはしません。

生徒は料理教室を試す前に
買わなければいけないのです。

つまり

「教室に通う前から
生徒の希望が叶えられそう」

でなければならないのです。

料理教室の成功にはコンセプトが重要です。

ここまでに4つの要素として

「メリット」
「立場」
「新鮮さ」

の3つをお伝えしてきました。

これら要素を上手く組み合わせて
コンセプトを作ることができれば
生徒が通いたいと思うレッスンを用意することが出来ます。

料理教室で安定した売上を上げ
成功を望むのであれば他の教室と
違う事をやらなければなりません。

一番やらなければならないのは
料理人や先生としてではなく
料理教室の経営者として学ばなければならないのです。

ほとんど教室の先生は
経営者として学んでいません。

ですから成功出来ないんです。

料理だけでは駄目です。

生徒に喜ばれたとしても
赤字経営では意味がありません。

ほとんどの人がやってないんです。

学びましょう!
それだけで大きくリードできます。

協会ではその学びについても
無料講座でお伝えしています。

そして次回は4つの要素の最後。

「納得感」についてお伝えします。

もう一度お伝えします。

学びましょう!
それだけで大きくリードできます。

是非登録して下さい。

無料講座へ申し込む

無料講座ではこのような事が学べます。

・今すぐ使える料理人ツール20選
・限定公開!帝国ホテル出身シェフ特製レシピ10点
・料理人として成功する為の3つのルール
・月収15万円を確実に売り上げる料理教室の作り方
・副業として始めた出張シェフで会社の給料の3倍を売り上げた方法

料理を仕事に出来るヒントを学ぶ

勉強嫌いの私が四苦八苦、失敗に失敗を重ねて、それでも諦めずに独立し、出張シェフサービス事業を立ち上げ、数年で飲食事業以外にも取りかかり、年収も数百倍にアップした私の全てを無料で配信しています。

無料のメルマガ講座を申し込む
YUSUKE UCHIDA

YUSUKE UCHIDA

帝国ホテルで10年勤め出張シェフとして独立。 全国対応の高級出張シェフサービス総料理長として活動中。 ハイクオリティーなサービスを提供する出張シェフを増やし、このサービスをさらに広めるべき、一般社団法人全日本出張シェフサービス協会を設立し代表理事となる。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP