料理教室のレッスンが満席になる売れるコンテンツの作り方〜その1〜

いつもブログをご覧頂き
ありがとうございます。

全日本出張シェフサービス協会
代表理事の内田です。

料理教室の先生なら
誰もが毎回のレッスンを満席にして
予約の取れない教室を目指しているかと思います。

ですが、実際のところ
なかなか予約が埋まらずに
満席にすることが出来ない教室も多く存在します。

また、逆に満席になっても
黒字にすることが出来ない教室もあったりします。

その原因の多くは
料理教室の「コンテンツ」
魅力がないことが原因です。

レッスンが売れない
コンテンツに魅力がない教室の特徴について
こちらの記事で紹介しています。

「料理教室の売上が伸びない3つの理由」

まずはこちらをご覧頂ければと思います。

そしてこの記事では
料理教室のレッスンを満席にすることが出来る
魅力的なコンテンツ作りの方法についてお伝えしていきます。

レッスンが満席になる売れるコンテンツの作り方

予約の取れない料理教室

料理教室のレッスンだけではなく
ものが売れるには確固たる理由があります。

満席になるレッスンにするには
売れるコンテンツを作らなければなりません。

売れるコンテンツとは

「楽しそうだな!」
「おもしろそうだな!!」
「こんなの欲しかったんだよね!」

と感じてもらえるコンテンツです。

これはある程度ご理解頂いてるかと思いますし
ここを意識してレッスンを作っているかとも思います。

じつは、これだけでは足りないんです。

大切なポイントは
「楽しさ」「面白さ」「欲しい」
どのような要素で作られているかです。

その要素とは大きく分けて4つに分類できます。

・メリット
・立場
・新鮮さ
・納得感

まず生徒にレッスンを買ってもらうためには
「立場ある先生」「メリットあるレッスン」
販売しなければ買ってもらえません。

そしてさらに満席にするほど
魅力あるコンテンツにするには
「新しいレッスン」「納得感」のある
コンテンツにしなければなりません。

この4つの要素について
一つずつお伝えしていきたいと思います。

この記事ではまず
「メリット」の部分について
詳しくお伝えしていきます

料理教室に申込む生徒のメリットとは

料理教室

料理教室に申し込む
生徒のメリットとは何でしょうか?

冒頭でこちらをご覧下さいとお伝えした

「料理教室の売上が伸びない3つの理由」

この記事でも
コンテンツに魅力がない教室の特徴について
詳しくお伝えさせて頂いていますが

多くの教室が
生徒へのメリットアピールを
間違えています。

一番多い間違いが

「こんな食材を使っています!」

というアピールです。

・オーガニック食材
・無添加野菜
・天然酵母
・産地直送
・食物繊維
・ビタミン

などといった
食材の成分や素材
原材料の良さをアピールしています。

確かにこれらは
アピールできる要素です。

ですが間違ってはいけないのが

生徒のメリットを
アピールしなければ駄目だということ。

確かに無添加食材に興味があり
そこにメリットを感じている人には
有効な手段といえますが

そこに興味がない人には
選ぶ条件にはなりません。

生徒が求めているのは

・料理が上手になりたい
・自分磨きをしたい
・知識を増やしたい
・レパートリーを増やしたい
・友達を増やしたい

このような部分です。

生徒が望んでいる願望を叶えることが
生徒にとって一番のメリットとなります。

そしてこの願望を叶えるという部分にも
もっともっと深く考えていく必要があります。

生徒の悩みを解消できるレッスンは売れる

料理教室

生徒が望んでいることを
叶えてあげることが生徒のメリットとなる
と先ほどお伝えしました。

この部分について
さらに深く考えてみましょう。

たとえば

「料理のレパートリーを増やしたい!」

という願望がある生徒がいます。

この願望の生徒が料理教室に通えば
もちろんレパートリーは増えることになるので
願望は叶えられると思います。

しかし、レパートリーを増やすには
料理教室以外にもたくさんあるということを
理解しておかなければいけません。

たとえば「料理本」を読む。
「料理動画」を見る。
「外食」することもそうです。

願望を叶えるための選択肢が
たくさんある中であなたの料理教室を
選んでもらわなければいけません。

数ある選択肢の中から
料理教室を選ぶには理由があります。

たとえば新たな出会いを
求めていたりする場合もあると思います。

この場合は「レパートリーを増やす」という願望と
「仲間との出会い」という2つの願望が叶えられるから
料理教室を選択しています。

このように叶えられる願望が一つでも多くなれば
選ばれる確率は上がってきます。

他にもこのような生徒も多いと思います。

料理本や動画で独学して
レパートリーは増えてきたけど
肝心の味や料理スキルが向上しない。

このような悩みを持った生徒なら
他の選択肢がダメだったという理由から
料理教室を選んでくれるかもしれません。

ポイントはここです。

「なにかをやりたいのにやれない・・・
 でもやりたい!!」

生徒の不満や不安、悩みを解決してあげるんです。

他の教室では解決できなかった悩みを
あなたの教室に通えば解決できるとしたら
同じレシピだとしてもおのずと生徒は集まってきます。

「私の教室はこんな食材を使っています!!」

これでは生徒の悩みを解決していないということが
これでおわかり頂けたかと思います。

悩みを解決してあげることがポイント
ということがこれでわかりました。

しかしその悩みの選び方にもポイントがあるんです。

今ある悩みを解決しなければ意味がない

生徒の悩み

料理が上達すればすれほど

「もっとこうやった方が美味しくなる。」
「こうすれば時短になる。」
「プロならこうやる」

というより良く改善させようとする
考え方になってきます。

当然といえば当然なのですが
ここが気をつけなければならないポイントです。

「あなたは既に生徒とは違う視点で
 料理が見えているということ」

どういうことかというと
素人の生徒には見えていない
もっと良くする方法があなたには見えていて

もっとこう改善するとよいですよ
と提案している可能性があるということです。

一見良いことをしているようにも見えますね。

ですがこれがかえって
逆効果となっている場合があるんです。

例えば料理の歴史や
食材の豆知識などを伝えていませんか?

この情報があった方が料理を理解しやすいし
今後のスキルアップに繋がることはわかります。

ですが生徒によっては
その知識を求めていないんです。

なぜなら知識がないことに
まだ困っていないからです。

プロなら知識を増やすことが当然かもしれませんが
素人にはこういった知識は後回しなんです。

求めていないことをやられると
生徒は不快感と感じます。

大切なのは生徒の視点になって
今困っていることを解消してあげること。

遠回りになるかもしれませんが
後々知識が必要になった時に
その知識を与えてあげれば良いのです。

先生視点ではなく
生徒視点で物事を考えましょう。

選ばれるメリットを用意する

料理教室

ここまでこの記事では

料理教室のレッスンが満席になる
売れるコンテンツの作り方〜その1〜

として「メリット」について
詳しくお伝えしてきました。

ポイントを要約すると

・生徒が望んでいる願望を叶えることが
 生徒にとって一番のメリットとなる。
・生徒の今抱えている不満や不安
 悩みを解決してあげる。
・先生視点ではなく
 生徒視点で物事を考える。

生徒のためとわかっていそうなことでも
ここまで深くはなかなか考えられないものです。

それはある意味あなたが先生として
料理のプロとなっているからです。

プロになればなるほど
生徒の視点で見えなくなってきます。

レッスンが満席となり
売れる教室とは

こういった当たり前のポイントを
確実にこなしているからこそ
満席を維持し売上を伸ばし続けていけます。

この記事では最初の「メリット」について
お伝えしましたが、次回「立場」という部分について
またお伝えさせて頂きます。

このように売上を伸ばし続けるためには
新たな気付きが必須となります。

気付きを得るには学ぶことが重要です。

その学びと気付きを協会では
無料講座でお届けしています。

無料講座へ申し込む

無料講座ではこのような事が学べます。

・今すぐ使える料理人ツール20選
・限定公開!帝国ホテル出身シェフ特製レシピ10点
・料理人として成功する為の3つのルール
・月収15万円を確実に売り上げる料理教室の作り方
・副業として始めた出張シェフで会社の給料の3倍を売り上げた方法

料理を仕事に出来るヒントを学ぶ

勉強嫌いの私が四苦八苦、失敗に失敗を重ねて、それでも諦めずに独立し、出張シェフサービス事業を立ち上げ、数年で飲食事業以外にも取りかかり、年収も数百倍にアップした私の全てを無料で配信しています。

無料のメルマガ講座を申し込む
YUSUKE UCHIDA

YUSUKE UCHIDA

帝国ホテルで10年勤め出張シェフとして独立。 全国対応の高級出張シェフサービス総料理長として活動中。 ハイクオリティーなサービスを提供する出張シェフを増やし、このサービスをさらに広めるべき、一般社団法人全日本出張シェフサービス協会を設立し代表理事となる。

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP